ドラゴンノベルス|KADOKAWA ドラゴンノベルス|KADOKAWA

アイツが最強なのを、私だけが知ってる

この作品をシェアする
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
書影:アイツが最強なのを、私だけが知ってる

最弱のはずが、調合の可能性は無限大! 努力と想いの力で最強目指します!

血筋により受け継がれる特殊な能力――加護(ギフト)。加護の強さが全てとされる世界で、俺・ルクスが最強の戦闘職の両親から受け継いだはずの加護は、世界樹と呼ばれるダンジョンに生息するモンスターを調合して武器やアイテムを生成する、世界樹の外では何の役にも立たない加護だった。
周りから無能と蔑まれる俺を、ただ1人エレナだけは蔑まなかった。俺のことを好きなのかと思ったら、エレナは俺が能力を隠していると勘違いしてるだけ!? だったら、その勘違いを現実に――エレナの望む“最強”の戦闘職になって、ずっと傍にいてくれたエレナに想いを伝えてみせる!

加護の力だけに頼らず、ひたすらに努力を続けるルクスに惹かれ、集まり始める本当の仲間たち。そして、世界樹に辿り着いたことで明かされていくルクスの加護――《創造主》の真の力。
エレナだけが知っていたはずだったルクスの本当の実力。仲間たちにも認められていくルクスにエレナは焦りを隠せない。やがて、打算しかなかったはずのルクスへの想いも変わっていく――。

■ドラゴンノベルス新世代ファンタジー小説コンテスト特別賞受賞作

  • 発売日 :
  • 定価 : 本体1,300円(税別)
  • 判型 : B6判
  • ISBN : 9784040736402

購入はこちらから

  • カドカワストアへ
  • BOOK WALKERへ
  • アマゾンへ
  • アニメイトへ
  • e-honへ
  • 紀伊国屋へ
  • 7netへ
  • hontoへ
  • HonyaClubへ
  • Rakutenブックスへ

口絵:世界樹への旅

  • ルクス=フィレンツェ

    世界樹に生息するモンスターを調合するレアな加護を持つ。その可能性は未知数!?

  • エレナ=ティンベル

    お目当てはルクスが隠し持つ最強の実力……のはずが、少しずつ惹かれ始めて……?

  • ヴェイク=アーレイス

    ルクスたちに世界樹の“裏口”を教えた案内役。世界樹の外で出会い、意気投合した。

  • サラ=コスターニャ

    世界樹でできた仲間。ルクスが加護で創り出した“魔弾”を使って戦うことに。

  • ルシアナ

    ルクスの加護である《創造主》が具現化した存在。彼女が語る《創造主》の可能性とは――?